車査定時の事故車の定義とは?

車査定時の事故車の定義とは?

事故車は査定時にかなりのマイナス要素となるイメージがあります。

 

しかし、最近では事故車でも車種や状態によって思わぬ高値がつくことがあります。諦めずにまずは査定をしてもらうことをオススメします。

 

車査定時の事故車の定義とは、文字通り事故を起こしてしまった経歴を持つ車のことです。車の走行に関わる重要な部品や構造を担う部分などを事故によって破損した場合には再び走り出すために当然修理が必要となりますね。

 

この修理をした形跡は、査定士には必ずわかるものです。修理をした経歴のある車は修理歴車と呼ばれ単なる事故車とは区別して扱う買取業者が多いです。事故車という言葉のほうがショッキングで、マイナス査定になりそうなイメージがありますが、査定上では修理歴車のほうが不利に働く場合が多いようです。

 

ひとくちに事故といっても規模には大小、さまざまありガードレールを少しこすっただけの事故なら走行に影響があるものではありませんよね。逆に事故を起こしていなくても、例えば駐車場に置いていたら、ゴルフボールが飛んで来てガラスが割れたり、大きなへこみが出来てしまった場合には修理が必要ですよね。

 

この場合、事故車ではありませんが修理歴ありということになってしまいます。