屋根に窓をつけると、雨漏りしやすいですか?

屋根に窓をつけると、雨漏りしやすいですか?

明り取りなどを目的として、屋根に窓を付けたい。と考えている人も多いのではないでしょうか。太陽光を採光することが出来る屋根窓ですが、心配になるのは雨漏りをしてしまう事がないのかという点ですよね。

 

まず、屋根用のトップライトサッシというサッシを使って窓を付ける場合には、雨漏りなどが起こることがないように設計されていますので、雨漏りについての心配をする必要はありません。

 

水切金物なども、このタイプのトップライトサッシにはセットになっていますので、雨漏り対策は万全といえます。しっかりとした施行会社に工事の依頼をして、屋根に窓を取り付ければ、基本的には雨漏りの心配はないと言えます。

 

ただ、問題になってくるのは屋根に窓を付けた場合には、サッシの部分とガラスの部分が結露を起こしやすいという点です。

 

そのためまずは断熱性があるトップライトのサッシを使うことが必要になりますし、ガラスも一枚ガラスではなく、ペアガラスなど、結露対策をしてあるガラスを選ぶようにすることが大切です。このような対策がない場合には、結露によって水滴が落ちてきてしまう事がありますし、サッシの周りの腐食が発生してしまう心配もあります。