外壁塗装の色選びには注意

外壁塗装の色選びには注意

 

外壁塗装の色選びには注意に関して詳しく説明している画像

 

住宅の外壁を塗装する場合、実は色選びを失敗してしまうと、非常に公開することになることが多いと言われています。

 

色選びはとても慎重に行う必要があるんです。色見本など、小さい範囲だけを見ている場合と、実際に塗装されて仕上がった住宅の色というのは、印象が全く異なることがあります。

 

一見、見本ではキレイな色と思った色でも、仕上がってみたらあまりにも周囲から浮き出てしまって、おかしな住宅になってしまう事があります。特に住宅街においては、あまりにも周囲から浮き出てしまうような住宅は、周囲の環境が乱れるということで是正を求められてしまう事もあります。

 

基本的には、あまり明るすぎず、落ち着いた色目の色を使用することが望ましくなります。

 

淡い色味の場合には、ワンランク濃い色目にした方が、良いと言えます。自分の家は自分が好きな色にしたい。という方もいますが、実際に好きな色とその家に似合う色は違うというケースが多くなります。

 

あくまでも好みではなく、に合うかどうか、周囲となじむかどうかという点を考えて色選びをする必要があります。一見すこし地味かも、と思うくらいの色味の方が、外壁塗装では向いているんですよ。

 

また、外壁塗装では色の色合いも重要ですが、ペンキの料金がどのくらいかかってくるのかもしっかりと検討して外壁塗装相場を比較しながらペンキをどのグレードにするのか決めましょう。

 

ペンキはグレードによって値段も耐久性も変わってくるので色々な外壁相場を比較してどのペンキの「グレードにするのかを決めるのがいいでしょう。

 

 

外壁塗装リフォーム作業の流れ

 

外壁塗装リフォーム作業の流れや、それを知ることで見えてくる注意点について記してみたいと思います。

 

外壁塗装作業は、まず足場を作るところから始まります。作業員の安全を確保し、的確に施工を行うために必要不可欠な作業です。足場を組んだら、塗料などが飛散することを防ぐためにメッシュネットなどで周りを覆います。

 

この時に音が出ますし、後々塗料のニオイが漂うことも避けられませんから、リフォームが決まった時点で近隣へ挨拶に行っておくことが大切です。業者によっては挨拶を代行してくれることもあるので、事前に確認しておきましょう。

 

次は高圧洗浄です。汚れをしっかり洗い流すことで、塗料と外壁の密着率を高くします。もしヒビやサビがあったとしたら、高圧洗浄の後に補修・調整を行います。次にいよいよ塗装です。下地材、塗料の重ね塗りを経るので手間のかかる作業です。

 

詳細は仕様書に記載されていると思うので、確認しておきましょう。塗料が乾いたら作業も大詰めです。多いを外し、仕様書を見ながら仕上がりの確認に入ります。

 

もし納得のいかない点があるのなら、この時点で業者と良く話し合いましょう。問題が無ければ足場を解体してリフォームは終了です。

更新履歴